冬のブーツ、臭い対策

ブーツの臭いに悩んでいる方へ

足は身体の中でも一番汗をかく場所です。

特にブーツを履く機会が増える冬は熱がこもりやすく大量の汗をかきますね。そして、同時に臭いも発しやすくなります。

ブーツを脱いだ時に「うぁっ!」と臭いに顔をしかめてしまった経験がある方も多いと思います。

汗は皮脂や雑菌、汚れと混ざる事でくさい臭いをはっするようになり、汗を多くかいてしまうとそれだけ、臭いも発しやすくなってしまうんですよね。また、ブーツ自体にも一度、臭いがついてしまうとなかなかとる事ができません。

このようにブーツの臭いに悩んでいる方も多く、何かしらの対策を行なって臭いを抑える、または防ぐ事が必要です。

ここでは冬のブーツの臭い対策についてご紹介しています。

ブーツの臭い対策を行う上で大切になること

ブーツって通気性の悪いものが多く、どうしても汗をかきやすくなってしまいます。その上、蒸れやすく雑菌も多く繁殖してしまいます。この雑菌と汗が混ざり合う事で臭いもよりきつくなるんですね。

ですので、ブーツの臭い対策を行う上でまず大切になる事は汗をできるだけかかない、蒸れをなくして雑菌の繁殖を抑える、という事は必須になりますね。この2つの事をしっかり対策する事ができればブーツの臭いを抑える事ができますし、足の臭いも抑える事ができますよ。

では具体的にどのような対策を行なっていけばいいのでしょうか?

制汗スプレー、デオドラントクリームを活用

現在、臭い対策を行う事ができるアイテムが多くあります。制汗スプレーやデオドラントクリームなどのアイテムをうまく活用する事ができれば臭いを抑える事ができますよ。

ブーツを履く前や1日に数回、制汗スプレーやデオドラントクリームを足に付けるだけでも大きく違いがあります。こうしたアイテムはコンパクトで持ち運びも可能ですので、細目にケアをする事で臭い対策を行う事ができます。

インソールを入れて消臭・除湿

他にも蒸れや臭いを抑えてくれえるインソールをブーツに敷く事もおすすめできます。制汗スプレー、デオドラントクリームと同様に使用するのとしないのでは大きく違います。最近では機能性に優れているインソールもあるのでブーツを履く時の必須アイテムになりますね。

毎日、同じブーツを履かない

一度、ブーツに臭いや雑菌が付いてしまうと消えるのに多くの時間がかかってしまいます。毎日同じブーツを履いていると、ずっと臭いや雑菌が付いたままになり、臭いも日に日にきつくなってしまいます。

できる事なら、同じブーツを毎日履かない事ですね。複数のブーツを用意して、ローテンションしながら履いていく事をおすすめします。履かないブーツは裏返して日しするなどして湿気や雑菌を取り除いてあげましょう。

替えの靴下を常時、持ち歩く

足の臭い対策を行う際、靴下を変える事でも臭いを抑える事ができますよ。

靴下に染み付いた汗が臭いの原因にもなっているので、キレイな靴下に履き替える事で臭い抑える事ができます。

足の臭いやブーツの臭いが気になる方は常時、替えの靴下を持ち歩く事をおすすめします。

上記でご紹介してきた事がブーツの臭い対策となります。

しっかり対策を行なえば、気になるブーツの臭い、足の臭いは抑える事ができますので是非、実践してみてはいかがでしょうか。