汗と菌が臭いの原因!

ケアを怠ってしまうと汗が体臭に変わってしまう

季節が温かくなる夏。衣類も薄着になり、肌の露出も増えます。この時に気になるのが『臭い』ですよね。

夏は汗も多くかきますし、ケアを怠ってしまうと汗が体臭に変わってしまう恐れがあるため、臭いが気になって「あまり肌を露出できない」「着たい服が着れない」という悩みを抱えている女性も多いと思います。

また、過去に何度も汗や臭い対策を行なってきたがどれも効果がなく困っているという女性もいると思います。

最近ではスメルハラスメント(身体が臭い事で他人に不快感を与える事)という言葉も誕生しており、臭いに気を遣う事が一般常識、マナーになりつつあります。

特にワキや足裏は汗腺が集中している部分になり、汗をかきやすい場所になるため日頃からのケアが大事になりますね。

ただ、体臭って自分では気付けないんですよね。周りの人も気を遣ってくれて言ってくれない事も多いため、日頃から自分で意識する事が大切です。

まずは体臭の原因になる事は何なのかという事を把握し、体臭対策や体臭予防に繋げましょう。ここでは『体臭の原因はなにか?』という事をご紹介しています。

身体から体臭がでる原因

体臭の根本的な原因は汗になるのですが、全身から分泌される汗に臭いはないんですよね。

全身から出る汗はエクリン汗腺という分泌腺から分泌されます。このエクリン腺から分泌される汗は99%が水分、1%が塩分になっており、汗自体に臭いはないのです。

しかし、汗腺にはもう1種類あり、わきの下や耳乳腺、陰部付近にアポクリン汗腺という分泌腺があります。このアポクリン汗腺にはたんぱく質や糖質、アンモニア、鉄分、脂質、などの臭いの原因となる成分が含まれているため乳白色の分泌物が発せられるのです。ワキ汗や陰部付近の汗が臭い原因はこのためです。

ただ、臭いのしないエクリン汗腺から分泌される汗をそのまま放置していても体臭になるので注意が必要です。人間の肌には多くの常在菌が潜んでおり、皮脂や汚れと汗が混ざる事でこの常在菌は繁殖し、身体から臭いを発するようになるんですね。

汗をかいた後の6時間後が最も臭いが強くなると言われており、かいた汗をなにもケアしないでそのまま放置してしまうと体臭に変わってしまうんです。

これが身体から体臭がでる原因となります。

汗・臭い対策にはデオドラントクリームがおすすめ!

体臭を抑えるにはやはり、かいた汗を放置せずにすぐに拭き取ることですね。先ほども述べましたが、かいた汗を放置していると臭いはどんどん強くなっていきます。汗をかいたらすぐに汗を拭きとれるように常時、ハンカチやタオルを持ち歩くようにしましょう。

そして、もうひとつ臭い対策でおすすめのできる事が『デオドラントクリーム』を使用する事です。

デオドラントクリームを利用する事でワキガや臭い、汗対策を行う事ができ、汗と臭い対策の心強い味方になってくれる存在です。

最近では国内産、無添加・無着色、医薬部外品といったお肌にもやさしく安心して臭い対策を行えるデオドラントクリームも誕生しています。

大きさもコンパクトで手軽に持ち運びをする事ができるので、仕事前やデート前にもしっかり臭い対策を行う事ができますよ。

実際にデオドラントクリームを使用して臭いや汗に関する悩みを解消している女性は多くいますので、汗や臭いでお悩みの方には是非、デオドラントクリームを利用して汗・臭い対策を行なって頂きたいと思います。