エクリン汗腺

エクリン汗腺からでる汗は無臭

人間がかく汗には2種類あります。

ひとつはエクリン汗腺から分泌される汗。もうひとつはアポクリン汗腺から分泌される汗です。

エクリン汗腺から分泌される汗については当サイトの『アポクリン汗腺』でご紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

ここではエクリン汗腺から分泌される汗についてご紹介したいと思います。

エクリン汗腺から出る汗の特徴

エクリン汗腺は身体全身の肌に存在している汗腺で、全身の汗はこのエクリン汗腺から分泌されています。特に顔や頭、背中にこのエクリン汗腺は多く存在し、顔や頭から大量に汗がでるのはこれが理由ですね。

エクリン汗腺からでる汗の特徴は99%が水分だという事です。アポクリン汗腺から出る汗には脂質やアンモニアなど臭いの元になる成分が含まれていますが、エクリン汗腺から出る汗はほぼ水分になり、においも無臭です。

汗をかいてもすぐに拭き取るなどの対策をすれば体臭には繋がりませんよ。

しかし、かいた汗を長時間放置しまうと肌に付着している雑菌や皮脂と混ざり合い、雑菌がどんどん繁殖して臭いを発してしまうんですね。

これが体臭になるんです。

エクリン汗腺から分泌された汗の臭いがもっとも強くなると言われているのが汗をかいてから6時間後になるので、できる事なら汗をかいた後は放置せずにすぐに拭き取る、デオドラントクリームなどの体臭対策アイテムを使うなどして体臭を発しないように心がけましょう。

汗には良い汗と悪い汗がある

上記でエクリン汗腺から分泌される汗は99%が水分でにおいも無臭だと述べましたが、エクリン汗腺から分泌される汗には良い汗と悪い汗があり、悪い汗をかいてしまうと体臭になりやすいです。

臭いに繋がる悪い汗。

では、悪い汗とはどういう汗になるのでしょうか。

簡単に述べますと、悪い汗とはベトベト、ネバネバして蒸発しにくい汗になります。逆に良い汗とは水のようにサラサラしていて蒸発しやすい汗です。

通常ですと、エクリン汗腺から分泌される汗は、毛細血管からミネラルや塩分が混ざった水分をくみ取り、身体に必要なミネラルや塩分だけを体内に戻して水分だけを体外へだします。これが水分99%の良い汗なんですね。

しかし、悪い汗というのは体内で塩分やミネラルがうまく分解されずに水分と一緒に体外へ出てしまうんです。

ほとんどが水分の汗はサラサラですが、汗に塩分やミネラルが混ざってしまうとベトベト、ネバネバの汗になってしまいます。これが悪い汗です。

汗がしょっぱい、ベタベタした汗をかいている、汗が乾いた時に皮膚に白い粉みたいのが付いている、という経験をされた方は多いと思いますが、これは全部悪い汗なんです。

悪い汗がでる原因

悪い汗が出てしまう原因は生活習慣の乱れが大きいと言われます。

睡眠不足やストレスによる自律神経の乱れ、食生活の乱れ、運動不足、などの生活習慣の乱れが身体に悪影響を及ぼし、汗をうまく分解させる事ができなくなるんですね。

悪い汗には臭いのもとになる成分が含まれているのですぐに体臭へと変化してしまう恐れがありますので、日頃かく汗がベトベト、ドロドロ、という方は生活習慣を見直す事も大切になりますよ。

規則正しい生活を送り、サラサラの汗をかく事ができれば体臭も抑えられるので現在、体臭を気にしている方は生活習慣が乱れていないのかも確認してみましょう。