アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は臭いの元になる成分が含まれている汗を分泌する

現在、汗や臭いに関する悩みを持っている方は汗腺についてもしっかり頭に入れておいた方がいいでしょう。

汗腺から分泌される汗が臭いの根本的な原因にもなり、汗腺の事をしっかり把握する事ができれば臭い対策や臭い予防にも繋げることができますよ。

ここでは汗腺のひとつ、アポクリン汗腺についてご紹介しています。

人間の身体には2つの汗腺があり、その汗腺から汗が分泌されているんですね。ひとつはエクリン汗腺そして、もうひとつがアポクリン汗腺。

エクリン汗腺から分泌される汗の成分は99%が水分、残りの1%が塩分になり、エクリン汗腺から分泌される汗は無臭だといわれています。

しかし、もうひとつの汗腺、アポクリン汗腺には臭いの元になるタンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などの成分が含まれており、これが身体から体臭がでる原因のひとつになっています。

このアポクリン汗腺はワキの下や耳の裏、陰部などの場所に存在する汗腺になり、ワキ汗や陰部付近の汗が臭いのはこれが原因になっているんですね。

アポクリン汗腺の大きさや数は人によって個人差がある

アポクリン汗腺は誰にでも存在する汗腺になるのですが、汗腺の大きさや数は人によって個人差があり、異なってきます。

アポクリン汗腺の数が多く、大きさも大きければ分泌される汗の量も自然と増え、臭いも強くなるんですね。

上記でも述べましたがアポクリン汗腺には臭いの元になる成分が多く含まれているため、ワキガ体質の人や体臭がきつい人はアポクリン汗腺の数が多く、大きさも大きい傾向にあります。

このアポクリン汗腺の大きさや数は遺伝も関係しており、生まれた時からアポクリン汗腺の大きさや数は決まっていて、そして思春期を迎える頃にアポクリン汗腺は大きくなり、汗の量も増え体臭もきつくなります。

アポクリン汗腺から分泌される汗を抑えるには

上記でご紹介したようにアポクリン汗腺には臭いの原因になる成分が含まれていて、アポクリン汗腺の数や大きさは人によって異なってきます。

アポクリン汗腺の分泌が多いという方はワキガ体質になるため、日頃からのケアは欠かす事はできませんね。

アポクリン汗腺から分泌される汗を抑える方法として、まずはじめに挙げられる事は汗をかいたらすぐに拭き取る、日頃から清潔を保つ、という事は最低限必要で、他にも食生活を改善する事で汗の臭いを抑える事ができますよ。

アポクリン汗腺から分泌される汗には脂質やたんぱく質など臭いの元になる成分が含まれ、脂質やたんぱく質を多く摂取すると汗にもその成分が多く含まれる事になります。もちろん、含まれる成分が多ければ、臭いも強くなりますので脂質やたんぱく質を多く含む食事を避けるようにしましょう。

この食生活を改善するか、しないかでも臭いのきつさは全然変わってきますので臭い対策を行う事ができますよ。

また、現在では臭い対策を行う事ができる便利なアイテムも多く誕生しています。デオドラントクリームやサプリ、石鹸など、身体の内側、外側から体臭を抑える事ができるアイテムもあり、アポクリン汗腺から分泌される汗を抑えたり、汗の臭いを抑える事ができますので現在、汗や臭いでお悩みの方にはオススメできる汗、臭いの対策方法になります。