汗は本当は無臭?

エクリン汗腺から分泌される汗は99%が水分で無臭

汗が臭いの原因だと思っている方は多くいます。現に私も以前までは臭いの原因は汗だとずっと信じ込んでいた一人です。

毎日、お風呂に入って身体を清潔に保っていれば体臭はでないと思っていたんですが、臭いに関して調べていると色々な事がわかってきました。本当は汗は無臭なんだという事もわかりました。

身体からでる汗のほとんどはエクリン汗腺から分泌される汗になり、このエクリン汗腺から分泌される汗は99%が水分になり、臭いは無臭です。

確かに私はスポーツをしていて、いつも汗を大量にかくのですがあまり臭いを気にした事はありませんね。

しかし、だからといってこのエクリン汗腺から分泌された汗を放置してはいけません。長時間放置していると汗と皮脂や雑菌が混ざってしまい、臭いを発するようになるんですね。

汗をかいてからの6時間後が最も臭いが強くなると言われているので汗をかいたらすぐに拭き取るなどの対策をしなければ体臭になってしまうので注意しましょう。

アポクリン汗腺から分泌される汗には臭いの元になる成分が含まれている

そして、身体からでる汗の全部が無臭なのかといわれるとそうではありません。汗には2種類あってひとつは上記でご紹介したエクリン汗腺から分泌される汗。もうひとつはアポクリン汗腺から分泌される汗です。

このもうひとつの汗。アポクリン汗腺から分泌される汗には臭いの元になる脂質やアンモニアなどの成分が含まれているんですね。

わきの下や耳乳腺、陰部付近といった決まった場所にアポクリン汗腺は存在し、わきの臭いや陰部付近の臭いがきついのはアポクリン汗腺から分泌される汗だからです。

もちろんこのアポクリン汗腺から分泌された汗も長時間放置しているとよりきつい臭いになるので日頃から清潔にしておく事が臭い対策になりますよ。

食生活を改善して臭い対策

生活習慣によっても汗の臭いが変わってくる事も頭に入れておいた方がいいでしょう。

偏った食生活を送っている、睡眠不足やストレスが溜まっている、運動不足など、生活習慣が乱れる事も臭いの原因になります。

特に食生活には気を付けましょう。先ほどアポクリン汗腺から分泌される汗には臭いの元になる脂質やアンモニアなどの成分が含まれているという事をご紹介しましたが、この臭いの元になっている脂質を多くとりすぎていると汗にはより多くの脂質が入り込んでしまい臭いがきつくなってしまいます。

日頃から肉や脂っこいものを中心とした食生活の方はもしかするとかいた汗に臭いの元になる成分が大量に含まれている可能性があります。

肉だけではなく魚や野菜を摂取する事で臭い対策をする事もできます。また、同時にバランスのとれた食生活を送る事ができるので身体の健康にも良いですよ。

日頃から臭いには敏感になって臭い対策をしていく事が大切

ここでもう一度、エクリン汗腺から分泌される汗とアポクリン汗腺から分泌される汗についてまとめてみましょう。

エクリン汗腺から分泌される汗の特徴
・99%が水分
・臭いは無臭
・身体全身から出る汗

アポクリン汗腺から分泌される汗の特徴
・脂質やアンモニアなどの臭いの元になる成分が含まれている
・酸っぱい臭い、アンモニア臭がする
・わきの下や耳乳腺、陰部付近からでる汗

このように汗といっても2種類の汗があり、エクリン汗腺から分泌される汗が無臭なんです。

しかし、無臭といっても長時間放置してしまうと臭いの元になってしまうので細目に汗を拭きとったり、定期的にデオドラントクリームを使用するなどして臭い対策をしていきましょう。

最近では臭い対策できるアイテムも多く誕生しているので、そういったアイテムを活用する事でしっかり臭い対策をする事ができます。

自分の臭いが相手を不快な気分にさせる事もあるので日頃から臭いには敏感になって臭い対策をしていきましょう。