体臭を強くしてしまう食べ物、食材

肉類や乳製品は体臭をきつくする

体臭と食べ物。なにも関係がないように思えますが、食べ物が体臭の原因になっている事もあります。

人間は食べたものを体内で栄養素に変えて吸収しますが、この時に吸収しきれなかった栄養素は血液中に溶け込んでしまいます。そして、汗となって体外に出されます。

日頃から肉や脂っこいものを中心に食べている場合、吸収しきれなかった脂質が血液に溶け込んでしまい、汗に多くの脂質が含まれている可能性があるんですね。

この脂質。実はいうと臭いの元になる成分なんです。

通常、全身からでる汗はエクリン汗腺から分泌される汗になり、99%が水分の無臭の汗になります。しかし、この汗に臭いの元になる脂質が含まれてしまうと臭いのきつい汗になってしまうんですね。

肉類や脂っこい食べ物の他にも乳製品や高カロリーな食べ物も体臭をきつくしてしまう食べ物になるので体臭が気になるという方や臭い対策を行なっている方はこうした食べ物は控えた方がいいですよ。

食生活を改善する事も臭い対策のひとつになるので肉よりも野菜や魚中心の食生活に改善して臭いの元になる成分を身体の中からなくしましょう。

特に緑黄色野菜(ニンジン、カボチャ、ホウレンソウなど)には体臭を軽減する成分が含まれているので臭い対策には適した食べ物になります。同時に身体の健康にも良いので野菜を積極的に摂取する事をおすすめします。

アルコールも体臭をきつくしてしまうので注意

アルコールも体臭をきつくしてしまうので注意が必要です。

アルコール自体カロリーが多いという事もあり、上記でご紹介したように汗に臭いの元になる成分が含まれてしまうんです。

また、アルコールを摂取する事で発汗作用が促進され、発汗量が急激に増えます。急激な発汗は通常の汗と比較しても臭いがきつく、それが体臭のもとになってしまいます。

まだまだこれだけではありません。アルコールを分解する際に発せられる臭いも体臭の原因になってしまうんですね。

アルコールが代謝されるとアセトアルデヒドや酢酸というより臭いのきつい物質に代わります。これらの物質は主に尿から排出されるのですが、汗や呼気からも排出される事もあり、より体臭がきつくなります。

他にもアルコールを摂取する事で口臭もきつくなり、まわりの人に不快な思いをさせてしまう可能性は高いです。適度な飲酒は身体には逆に良いと聞く事もありますが、過度な飲酒は健康にも大きく影響してきますのでアルコールともうまく付き合っていく事が大切ですね。

体臭を抑えてくれる食べ物

では、逆に体臭を抑えてくれる食べ物はあるのでしょうか。

先ほどもご紹介しましたが、緑黄色野菜が体臭を抑えてくれる代表的な食べ物ですね。また、玉ねぎなどのネギ類にも体臭を抑えてくれる成分が含まれています。野菜類は過熱してしまうと成分がなくなってしまうので、できるなら生で食べるか蒸して食べるのが理想です。

他にも柑橘類の食べ物(みかん、ゆず、レモンなど)、ポリフェノールを含む食べ物(リンゴ、柿、ゴマ、大豆など)も体臭をおさえてくれる食べ物になるので現在、臭いが気になっている方や臭い対策をしている方には積極的に摂取してもらいたいと思います。