外側だけじゃない!身体の内側にも臭いの原因がある

体臭を改善するには体の内側からのケアと外側からのケアが大切

仲の良い友達にも相談しにくい、ニオイの悩み。

誰にも相談できずに、気になっている人も多いのではないでしょうか。

体臭と聞いて、「いい香り」とイメージすることはできないと思います。

それほど体臭にはくさいというマイナスのイメージが強く残っているからです。

体臭にはいろいろな種類があって、口臭・便臭・ワキガ・加齢臭・ミドル脂臭などがありそれぞれの原因があります。

体臭対策をするには、その原因を取り除くことでニオイを元から予防することができます。

体臭を改善するには、体の内側からのケアと外側からのケアが大切です。

体の外側からのニオイとは・・・

汗が皮膚の常駐菌と繁殖してニオイが発生します。

足のニオイ

足の裏から臭いがするのは、エクリン腺が密集しているためになります。
その上、靴と密着して汗をかきやすく臭いの元の細菌が繁殖しやすくニオイが強くなるのです。

運動後のニオイ

暑くなる前の季節に注意が必要!冬の間汗をかかないでいると、久しぶりに汗腺が働いた時に臭いを発生しやすいです。

ワキガ

ワキにはたくさんのアポクリン腺があります。汗腺が大きい人や数が多い人ほどニオイが発生しやすいです。

体の内側からのニオイとは・・・

生活習慣・加齢・病気などが原因でニオイが発生します

便のニオイ

便秘が続くと、体臭が便のニオイになって出てくると言われています。体臭だけではなく口臭にも影響を与えるケースもあります。

アンモニア臭(疲労臭)

ストレス・睡眠不足・偏った食生活など、心や身体に負担がかかって疲れが溜まったときに出やすくなるのがアンモニアのニオイがする体臭です。

加齢臭

中高年になると、独得なニオイを発生させる加齢臭。特に男性は皮脂腺が活発に活動するのでニオイが強く出やすいです。

身体の内側に潜む臭いをケアするには!?

体臭をケアするには、体の内側と外側それぞれに合ったアプローチ方法が必要になります。

体の外側からのニオイケアをするには、汗をかいたら、すぐに拭くようにしましょう。

汗ふきシートや水にぬらして硬く絞ったタオルなどで、肌を清潔に保つようにするとニオイが軽減されます。

体の内側からのニオイケアをするには、できるだけその日のうちに体と心の疲れを取ることです。

もし、内臓疾患などが原因で体臭が出ているのなら、専門の病院で治療をすることで体臭が少なくなります。

また、体臭は食べた物からも影響がありますので、ニオイが強いニンニクやニラ、香辛料など控えるようにしましょう。

自分の体臭は、体の外側からのニオイなのか内側からのニオイなのかを把握して、体臭ケアをすると効率的にニオイにアプローチすることができますよ。