加齢臭とは

独特な臭いがする加齢臭

男性ですと40歳前後、女性では閉経後に加齢臭になりやすいと言います。加齢臭は蝋燭(ろうそく)・チーズ・古本のような臭いがする独特な体臭になり、臭いに敏感な日本人にとっては不快を感じる臭いです。

加齢臭を含め体臭などは自分では分かりづらい事もあり、知らないうちに周りの人たちに不快な思いをさせている可能性がありますよ。

身体をいつも清潔にしているからといって安心をしてはいけません。特に40代前後になると加齢臭を発しやすくなるので中高年者の方は注意してくださいね。

加齢種は身体の内側に臭いの原因があり、身体の清潔を保っているだけでは加齢臭を防ぐ事はできないので身体の内側にも目を向けて加齢臭対策を行なっていきましょう。

加齢臭ってなに?

日常生活の中で中高年の方からなにか独特な臭いを感じた事はありませんか?この独特な臭いを『加齢臭』と呼びます。ただの汗くさい臭いとは異なり、臭いもきつく、加齢臭の臭いを嫌う人も多いですね。

加齢臭を発してしまう原因はノネナールという物質になり、40歳を過ぎたあたりから脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加する事で体内でノネナールという臭いのきつい物質を作ってしまうんですね。

このノネナールが汗として体外に出される事で加齢臭を発してしまいます。

ある大手化粧品メーカーの実験によるとノネナールは20代といった若い世代の方からはほとんど検出されず、40代以降の方からは多く検出され、これが加齢臭の原因になると特定されました。

このように加齢臭は身体の内側に原因があるため、いくら身体の外側から体臭対策をしても臭いが改善されない事もあります。やはり、加齢臭を抑えるには身体の内側からケアする事が必須になります。

加齢臭ってどんな臭い?

加齢臭の臭いの原因になっているノネナールは臭いのきつい物質になり、蝋燭(ろうそく)・チーズ・古本のような臭いになると言います。

体内から分泌されたノネナールが汗や菌、皮脂などと混ざり合う事で様々な臭いへと変化し、独特な臭いになってしまうんですね。

上記でも述べましたが、臭いに敏感な日本人には加齢臭を嫌う人は多くおり、加齢臭を発していると避けられてしまう恐れもあります。

女性にも加齢臭はある

加齢臭と聞くと中高年のおじさんの臭いという印象がありますが、加齢臭は女性にもあるんですよ。

女性は年齢と共に女性ホルモンの分泌が減少していきます。特に閉経後は女性ホルモンが少なくなってしまい加齢臭を発しやすくなるんですね。

他にも年齢と共に体内の中では活性酸素が増加して身体の酸化が進みます。この時にも加齢臭の原因と言われているノネナールが発生してしまうんですね。

ですので、女性だからといって安心をしてはいけませんよ。男性の加齢臭とは違って臭いはそんなにきつくはありませんが、、なにも対策をしないで加齢臭を放置していると臭いがよりきつくなってしまう可能性があるので自分の臭いには敏感になり、日頃から臭いケアをする事が必要です。