臭いのセルフチェックの方法

自分の臭いに慣れているせいで自分の臭いに気付かない事が多い

自分の臭いってわかりませんよね。なんでも慣れという脳の仕組みが原因になっているようですよ。自分の臭いに慣れてしまっているせいで自分の臭いに気付かない事が多いようです。

これってすごい厄介な事ですよね。自分の臭いがまわりの人たちに不快な思いをさせていても自分ではわからないんですよ。誰かに指摘されればいいですが、臭いに関する問題はとてもデリケートなので直接、指摘されるという事は少ないです。

ですので、日頃から臭い対策を行う事が大切です。こまめに臭いのセルフチェックを行ったりして、自分の臭いをチェックしましょう。

ここでは臭いのセルフチェック方法をご紹介しています。臭いが気になる、気にならない別にして一度、自分の臭いをチェックしてみましょう。

自分の体臭を確かめる方法

まず、簡単に自分の臭いをチェックする方法をご紹介します。

それは自分が今日1日着ていた服の臭いを嗅ぐ事です。特に肌着の臭いを嗅ぐと自分の臭いをチェックする事ができますよ。ワキの部分や背中の部分は汗をかきやすい部分になるのでその部分の臭いがどんな臭いなのかを確かめてみましょう。

この時、シャワーやお風呂上りに臭いを嗅ぐと自分の臭いを客観的に知る事ができます。シャワーやお風呂に入る事で臭覚が一度リセットされるんですね。臭覚がリセットされた状態ですと自分の臭いを客観的に知る事ができますよ。

肌着の他にもパジャマや枕でも自分の臭いを確かめる事ができますね。人間は寝ている時に最も汗をかくと言われ、パジャマや枕にも自分の臭いがしっかり残っていますので自分の臭いを確認したい場合はパジャマや枕の臭いも確かめてみましょう。

身体の臭いが甘酸っぱい臭い、アンモニア臭だったら

もし、身体の臭いが甘酸っぱい臭い、アンモニア臭の場合はアポクリン腺から分泌される汗の臭いがきつくなっている可能性がありますよ。

もともとアポクリン汗腺から分泌される汗にはたんぱく質や脂質、アンモニアなどの臭いの元になる成分が含まれているのですが、アポクリン腺の数が多い方や生活習慣が乱れている方はより多くの臭いの元が汗に含まれている可能性があります。

自分の体臭を確認して、臭いがきついと感じた時は、生活習慣を改善するなど、すぐに臭い対策をした方がいいでしょう。

また、頻繁に着ている肌着や衣類が黄ばんできた時も汗に臭いの元が多く含まれている事になります。先ほども述べましたがアポクリン腺にはたんぱく質や脂質、アンモニアの成分が含まれており、これらの成分が多く含まれていると肌着や衣類が黄ばんでしまうんですね。

よく、首元やワキ、背中の部分が黄ばむのはこのせいですね。自分の肌着や衣類が黄ばんでいる場合はもしかすると体臭がきつい可能性がありますよ。

自分の口臭を確かめる方法

自分の口臭が気になるという人も多いですね。体臭と同じで自分の口臭も気付きにくいんですよね。自分の口臭も簡単に確認する事ができますよ。

ティッシュなどに自分の唾液をつけて、時間をおいてその唾液をつけたティッシュの臭いを嗅いでみましょう。また、使用済みのマスクなどでも自分の口臭を確認する事ができますよ。

他にも今では口臭チェッカーという自分の口の臭いがどのくらいの臭いなのかを測定する機器が売られているのでこういったものも口臭を確かめる際には利用できます。

口臭の原因

口が臭い場合に考えられる原因は2つです。

1つは口腔内に原因がある。歯に汚れがついていたり、食べかすが残っている、などの事が原因で臭いを発しています。これは歯を磨いたり、口の中の清潔を保てば口臭を防ぐ事ができます。

しかし、口臭には口腔内の原因の他にもう1つあり、それが胃腸内の問題が原因になっているケースもあります。

胃腸内の機能が低下していて、食べたものをうまく消化できない、老廃物を排泄できない、などの場合、体内に臭いがこもってしまいその臭いが血液に溶け込んでしまい、肺から呼吸として外に出されたり、汗として外に出せれる事になるんですね。。

胃腸内が原因の口臭の場合はいくら口の中を清潔にしても口臭を抑える事ができないのでまずは胃腸内の健康に気を遣う事が大切ですね。

バランスの良い食生活を心がけたり、生活習慣を改善したり、胃腸が健康で正常に機能すれば口臭を抑える事ができますよ。