臭いの種類

種類によって臭いも原因も異なる

『臭い』とひとことでいっても様々なんですね。ワキガや口臭、足臭、加齢臭、疲労臭、ミドル脂臭などの種類があります。それぞれの種類で臭いも違いますし、臭いの原因も違います。

臭い対策を行う上でこの臭いの種類も知っておくとしっかりとした対策を行う事ができますよ。ここでは臭いの種類についてご紹介しています。現在、臭い対策を行なっている方や自分の臭いが気になっているという方に参考にして頂きたいと思います。

ワキガ

臭いの代表的なものがワキガです。ワキガで悩んでいるという方も多くいるのではないでしょうか。

ワキガの原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗です。アポクリン汗腺から分泌される汗にはアンモニアや糖質などの臭いの元になる成分が含まれており、これが原因でワキガ臭を発してしまっているんですね。

ワキはただでさえ汗をかきやすい部分になり、皮膚に付着している細菌や皮脂と混ざり合う事で臭いもよりきつくなります。

しかし、ワキ汗をかいても全然臭わないという方もいますよね。なにか違いでもあるのでしょうか?

それは、ワキガの人はアポクリン汗腺の数が通常の人よりも多い傾向にあるんですね。アポクリン汗腺の数は人によって異なり、ワキガの人は生まれつきワキガの体質を持っています。

ワキガの臭いは本来、異性を惹きつけるフェロモンの役割があって病気とかではないんですが、臭いに敏感な日本人はワキガの臭いを嫌う人が多く、ワキガを気にする人も増えてきています。

ワキガ対策としては日頃からケアをする事が大切なんですが、臭い対策をしてもワキガの根本的な改善にならないのが正直な所です。身体の内側の問題が原因ですからね。外側から対策をしてもただのその場しのぎになります。

最近ではワキガ治療を行なっているクリニックを多く、手術をしてワキガを治している方も多いですよ。

自分でも色々試してみたけれど、イマイチ効果が得られなかった、かえって臭いがキツくなってしまった気がする・・・といった方もいらっしゃるかと思います。

現在、ワキガで悩んでいる方は一度、クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

足臭

人間の身体の中で最も多い汗をかく場所をご存知でしょうか。

それは足なんですね。

足の裏には汗を分泌する多くの汗腺が通っており、毎日多くの汗をかいています。

そして、足裏は通気性が悪く、蒸れやすいため細菌が多く存在する場所でもあり、汗と細菌が混ざる事できつい臭いを発してしまうんです。

靴や靴下を脱いだ時に感じる「ツン」とした臭いはこれが原因で発生しているんですね。

足臭をケアする事も、大切ですね。

口臭

口臭。誰もが一度は気にした事があるのではないでしょうか。口臭も人を不快にさせてしまう臭いになりますね。口臭に関しては自分では気付きにくいので知らず知らずのうちに相手を不快にさせている可能性があるので注意しましょう。

口臭の原因は2つになり、ひとつは口の中。もうひとつは胃腸内になります。

口の中の食べかすやヤニが臭いの原因になっている場合は歯磨きやブレスケアなどで臭いを改善する事ができますが、胃腸内が原因で口臭を発している方は身体の内側を改善しなければいけません。

人間は本来、食べたものを栄養に変えて身体に吸収し、必要以外のものは老廃物として尿や便として外に出します。

しかし、胃腸内の機能が低下していると老廃物をうまく処理する事ができなくなり、老廃物が血液に溶け込んでしまいます。その血液が肺に送り届けられ、肺から呼気として外に出てしまうと口臭になるんですね。

先ほども述べましたが口臭は相手を不快にさせてしまう臭いです。日頃から胃腸内の環境を整える事で口臭を抑える事ができるのでバランスのとれた食生活、規則正しい生活習慣をこころがけ胃や腸に負担をかけないようにしましょう。

疲労臭

人間の身体は疲労する事でも体臭を発してしまうんです。サラリーマンや年輩の人にこの疲労臭は多く発生する傾向にあります。

先ほど、胃腸内の環境が乱れると口臭を発生させるという事をご紹介しましたが、疲労臭も同じで身体に疲労がたまり臓器の機能が低下してしまうと老廃物をうまく処理できず、その老廃物が血液に混ざりこんでしまいます。

そして、汗として身体の外にだすため、汗には臭いの元になるアンモニアが多く含まれてしますんですね。通常、身体全身から出る汗は水分が99%になり、無臭になりますが、アンモニアなどの臭いの元になる成分が含まれてしまうと体臭になってしまいます。これが疲労臭です。

疲れが溜まっているという他にも、ストレスを多く抱えている、睡眠不足、食生活や生活習慣が乱れている場合にも身体には大きな負担をかけている事になるので疲労臭がでやすくなってしまいます。

加齢臭

中高年に多い体臭が加齢臭です。加齢臭で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

加齢臭が発生しやすくなるのは40歳を超えた辺りからになると言われています。人間の身体は年齢と共にパルミトオレイン酸や過酸化脂質という物質が増加し、独特な臭いを発してしまいます。

これが加齢臭の原因です。

ただ、生活習慣や食生活を見直すことでパルミトオレイン酸や過酸化脂質の増加を防ぐ事ができるんですね。

パルミトオレイン酸や過酸化脂質は脂質を多く含む食べ物を摂取する事で増加する傾向にあるので、脂質を多く含む食べ物を控える事で加齢臭対策を行う事ができます。

また、ストレスや疲労もパルミトオレイン酸や過酸化脂質を増やす要因になっているので注意が必要です。

身体を日頃から清潔に保つという事も大切になりますが、食生活や生活習慣を改善する事でも加齢臭を予防する事ができるので規則正しい食生活、生活習慣を心がけるようにしましょう。

ミドル脂臭

ミドル脂臭。初めてこの言葉を聞くという方もいると思いますが、このミドル脂臭は臭いの中でも特にきつい臭いになります。

ミドル脂臭が発する臭いは腐った生ごみの臭いになり、周囲の人を不快させてしまいます。

ミドル脂臭が発せられる原因で最も大きい原因が生活習慣の乱れによるものです。そして、ミドル脂臭は年齢が関係なく、30代の方でも生活習慣が乱れていると発しやすいです。

日頃から脂っこい食べ物を中心に摂取している、睡眠不足、ストレスを多く抱えている、という人はミドル脂臭がでやすいので注意が必要ですよ。

日頃から臭いには敏感になって、ケアを怠らない

体臭に関しては自分で気付きにくい部分も多くありますので日頃から臭いには敏感になって、ケアを怠らないようにしましょう。

汗が多くでるワキや首まわり、背中、陰部、などの場所はお風呂に入った時にしっかり洗い流す、他にも制汗スプレーやデオドラントクリームを頻繁に使用するなどして臭い対策を行なっていきましょう。