体臭対策の基本は清潔!にする事

日頃から肌を清潔に保つ事で体臭は抑えられる

臭いに敏感だと言われている日本人。自分の周りに体臭がきつい人がいると不快な気分になるという方も多いのではないでしょうか。

今ではスメルハラスメント(身体が臭い事で他人に不快感を与える事)という言葉もあり、自分の臭いで他人に不快な思いをさせない事がマナーにもなっています。

しかし、自分の体臭も周りの人に不快な思いをさせている可能性もありますよ。自分の臭いは気付きづらいため、知らないうちに周囲の人に迷惑をかけている場合もあります。

相手も臭いに関しては言いづらい部分もあり、指摘をもらえる事は少ないので、日頃から自分で体臭対策を行う事が大切ですね。

体臭対策を行う上でいくつかポイントになる事があるんですが、中でも欠かす事ができない事が、肌を清潔に保つという事ですね。日頃から、肌を清潔に保つ事ができているだけで体臭をしっかり抑える事ができます。

キツイ臭いを発する場所を把握する

人間の身体には汗を分泌する汗腺が2つあるのですが、そのひとつ、アポクリン汗腺から分泌される汗には臭いの元になる糖質やアンモニア、脂質などが含まれています。そして、アポクリン汗腺は身体の決まった場所にしか存在しません。

このアポクリン汗腺がある場所を把握し、清潔に保つ事ができれば体臭も抑える事ができますよ。

アポクリン汗腺が存在する場所は、

・ワキ下
・陰部
・乳輪
・耳の中、後ろ

になり、この部分からでる汗は臭いの元になる成分が多く含まれていますのでこれらの部分を常に清潔にする事ができれば体臭も抑える事ができますね。

また、もうひとつの汗腺、エクリン汗腺から分泌される汗(99%が水分で無臭)も長時間放置していると肌に付着している細菌や皮脂と混ざって臭いを発してしまいます。

毎日、お風呂でキレイに洗い流す事はもちろん、日中でも汗をかいたらすぐに拭き取る、制汗スプレーやレオドラントクリームを使用する、などの体臭対策を日頃からしっかり行う事が大事です。

体臭を抑えるには内側のケアも大切

体臭対策を行う際、多くの方が外側だけをケアしようとします。上記でご紹介したように清潔を保つという事も大事ですが、体臭対策を行う上でもうひとつ頭に入れておいてもらいたい事があります。

それが内側のケアです。

身体の内側が原因で体臭を発する事もあるんですね。

中でも特に注意したいのが胃腸内ですね。胃腸内の機能が低下してしまうと身体の老廃物をうまく処理する事ができなくなります。通常ですと尿や便で老廃物は体外に出されるのですが、老廃物がうまく処理されないと汗に老廃物が混ざってしまい体臭の原因になるんですね。

ですので胃腸の環境を整える事も体臭対策のひとつになります。

他にも疲労やストレス、睡眠不足などの生活習慣の乱れも体臭(疲労臭、加齢臭、ミドル脂臭)の原因になる事もあるので注意が必要ですよ。

体臭の原因は外側だけとは限りませんので体臭対策を行う際には内側のケアも怠ってはいけませんよ。