精神発汗に注意

緊張時や不安時にかく汗が精神発汗

体臭の原因は多くあり、その中のひとつに精神発汗があります。

緊張をした時や不安になった時に手のひらやワキに大量の汗をかく人も多いと思います。

この汗は通常にかく汗とは違う汗になるんですね。運動した時にかく汗と緊張した時や不安になった時にかく汗。なにか違いを感じた事がある方もいるのではないでしょうか。

緊張時や不安時にかく汗は精神発汗と言われており、通常の汗とは違い、ベトベトした汗になるんですね。その上、臭いの元になる成分も含まれていて、体臭の原因になる可能性もあります。

もしかしたらこの精神発汗が体臭の原因になっている可能性がありますよ。

精神発汗をかく時は以下の状況の時が多いです。

・緊張した時
・驚いた時
・興奮した時
・ストレスを感じた時
・不安になった時
・恥ずかしい時

など、精神状態が乱れた時に精神発汗をかきやすくなります。

自律神経のバランスが崩れている時にかく汗は通常の汗とは異なる

人間の身体は緊張時や不安時に自律神経が大きく乱れてしまい、副交感神経が優位になり脳が興奮状態になります。興奮状態の時は汗も急激にかきやすくなり、通常の汗とは違う汗になるんですね。

通常、身体から分泌される汗はエクリン汗腺から分泌される汗になり、99%が水分で臭いも無臭です。

緊張時や不安時にかく汗もエクリン汗腺から分泌される汗になるのですが、自律神経のバランスが崩れている時にかく汗は通常の汗とは異なり、乳酸などの臭いの元になる成分が含まれているんですね。

また、副交感神経が優位になる事でホルモンの分泌も増え、皮脂の分泌も増えてしまいます。

この臭いの元になる成分が含まれている汗が皮膚に付着している細菌や皮脂と混ざってしまうと臭いもよりきつくなってしまい、これが体臭の原因になってしまいます。

汗をかいた後はできるだけ早めに拭き取ってあげたり、制汗スプレーやレオドラントクロームを利用するなどの対策を行いましょう。

先ほども述べましたが、精神発汗が原因でかく汗には臭いの元が含まれているので、短時間で体臭になる可能性があるので早めの対策を心がけましょうね。

精神発汗の対策方法

精神発汗の対策方法としては、日頃からリラックをする事を心がける、ストレスを溜めすぎない事が大切になりますね。もし、緊張する場面に出くわした時も落ち着いて深呼吸をするなど平常心を保つように心がけましょう。

最近ではアロマやリラックス音楽など精神状態を落ち着かせられるアイテムも多くあり、こういったアイテムを活用する事もおすすめできます。

また、緊張した時に汗をかいてしまうという意識が不安な気持ちを生む事もあり、汗をより多くかいてしまう可能性もあるので日頃から気にしないという事も大切になりますね。

汗をかいた後にすぐに対処すれば体臭にはなりませんし、細目にケアをする事ができれば汗自体も気にしないで済みますよ。

それに加え身体の清潔を保つ、食生活にも気を遣う、などの日頃からの臭い対策ができていれば精神発汗の汗をかいたとしても体臭を予防する事ができますよ。