体の臭いで分かる病気もある?

臭いは身体の変化を知らせるサイン

体臭と聞くと嫌なイメージしかありませんよね。しかし、時には体臭が役に立つ事もあります。

身体の臭いがどのように役に立つのかというと臭いで病気がわかる場合があるんですね。

なにかの病気を発症する事で身体の体内には様々な支障がでてきます。体内の状況も健康時とは異なり、これが原因で体臭を発してしまう事があります。ですので、身体の臭いによっては病気の可能性があるという事がわかるんですね。

このように臭いは身体の変化を知らせるサインとなります。なんでも明治時代の時は体臭で病気を診断(嗅診)していたとも聞きます。

では、実際に病気を発症している時、身体の臭いはどのような臭いになるのでしょうか。

体臭が甘い臭いだと糖尿病の可能性が!

専門医の話によると糖尿病の発症時は尿や体臭から甘い臭いがして、糖尿病が進行してしまうと甘酸っぱい臭いになると言います。

通常、人間の身体は糖をエネルギーに変えるのですが、糖尿病を発症してしまうと糖の代謝が悪くなり、身体は糖の代わりに脂肪をエネルギーにします。この時に体内ではケトン体という甘酸っぱい臭いがする物質が生成されます。

このケトン体が血液に混ざり、身体全体に巡る事で全身からでる汗が甘酸っぱい臭いになってしまうんです。これが糖尿病になると体臭が甘酸っぱくなる原因です。

また、このケトン体はダイエット中に生成される事もあり、ダイエット臭とも言われていますね。

もし、ダイエットをしていないのに身体や尿から甘い臭いがする、甘酸っぱい臭いがする場合は糖尿病になっている可能性がありますので一度、検査をしてみる事をおすすめします。

酸っぱい臭いや腐食臭は胃腸の病気のサイン!

胃や腸に障害があってもきつい臭いを発しやすくなりますね。体臭だけではなく口臭もきつくなってしまいます。

胃腸に障害や病気がある場合、消化不良を起こしやすくなり、摂取した食べ物が胃の中に長く滞在してしまうんですね。そして、長く滞在した食べ物は胃酸によって発酵し、体内に臭いの元ができてしまいます。

この臭いの元は酸っぱい臭いや腐食臭になり、血液と混ざり合ってしまう事で汗や呼気として外に出せれるので体臭、口臭も酸っぱい臭いや腐食臭になってしまうんですね。

そして、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気の疑いがあるので検査してみる事をおすすめします。

臭いの根本的な原因を改善しなければ体臭を改善する事はできない

他にも肝機能が低下するとドブやカビ臭い体臭になりますし、腎機能が低下すると体臭がおしっこの臭い、便秘になると体臭が便の臭いになります。

このように、身体に異変が起こった場合、体内ではなにかしらの臭いの原因が生まれてしまい、それが体臭になってしまうんですね。

身体の内側に問題がある時はいくら外側の臭い対策を行なっても無駄になりますので、まずは病気を疑い、臭いの根本的な原因を改善しましょう。

よく体臭は身体の外側だけに原因があると思われますが、内側にも体臭の原因が潜んでいますので身体の内側にも目を向けて体臭対策を行なっていきましょう。