実は最も体臭がキツイのは春先!

汗腺の機能が最も弱る時期が春

体臭がきつくなる時期は汗を最も多くかく夏場だと思われている方が多いですが、実は最も体臭がキツイのは春先なんです。

なぜ汗をかきづらい春先に体臭がきつくなるのかというと、汗腺が最も弱る時期が春になるからです。

汗腺というのは皮膚にある汗を分泌する腺になり、通常ですと、汗腺から分泌される汗はサラサラの汗になり無臭なのですが、汗腺の活動が弱くなると臭いのきついベトベトした汗を分泌するんですね。

このベトベト汗が皮膚の細菌や皮脂と混ざり合って体臭に変化します。通常のサラサラ汗とは違い、ベトベト汗は臭いのもとがはじめから含まれているのでよりきつい臭いを発してしまう可能性があります。

冬の時期は寒いという事で汗をかく機会が少なく、汗腺の機能も低下してしまう傾向にあるため、春先はどうしてもベトベト汗をかいてしまいやすい時期になってしまいます。

これが春先に体臭がきつくなる原因なんですね。

内臓機能の低下や緊張した時にかく汗も体臭の原因

他にも内臓機能の低下も体臭の原因になっています。

特に肝機能が低下していたり、胃腸内の環境が乱れていると体内の老廃物をうまく処理する事ができずに汗としてこの老廃物が外にだされます。これもベトベト汗の原因の一つになるので注意しましょう。

春先は歓送迎会の時期でもあり、ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎの機会が増えますが、これも体臭の原因のひとつになりますので暴飲暴食は避け、できるだけ肝臓や胃腸に負担をかけないように心がけましょう。

また、緊張から出る汗もベトベト汗なんですね。

緊張した時に大量の汗をかいた経験がある方は多くいると思います。この緊張した時にかく汗はアポクリン汗腺から分泌される汗になり臭いの元になる成分が多く含まれていて独自の臭いを発してしまいます。

春は入学、入社、移動、転勤、と新生活が始まる時期でもあり、慣れるまで緊張した日々が続きますのでアポクリン汗腺から分泌される汗をかきやすいんですね。

少量の汗でも臭いの元になる成分が含まれているので体臭に変わってしまう可能性は高いです。

こういった事も春先に体臭がきつくなる原因になりますね。

汗腺の機能を高めて臭い対策

春は新しい門出の時期です。新たらしい出会いも多くありますので臭い対策は欠かせませんね。第一印象で相手に体臭がきついという印象をもたれてしまうと嫌ですよね。

そうならないためにも春だからといって油断しないで日頃から臭い対策を行なっていきましょう。

上記でも述べましたが春の時期は汗腺が最も弱まる時期になるので汗腺を働きを活発にしてあげればベトベト汗を回避する事ができますよ。

汗腺の働きを活発にするには、

・半身浴
・適度な運動

などが適していますね。要するに日頃から汗をかく事で汗腺の機能を高める事ができますよ。

汗腺の機能が高まれば無臭のサラサラ汗をかく事ができるので春先の体臭対策を行う事ができます。

ただ、注意したい事はサラサラ汗でも長時間放置していると体臭に変化してしまいますので、ニオイ対策には汗をかいたらすぐに拭き取る、制汗スプレーやデオドラントクリームを使用するなど、細目にケアをすればバッチリ臭いを抑える事ができますよ。

男性も女性も、臭いが気になる方は一年で最も臭いが出やすい春を、しっかりケアして乗り切りたいですね。