臭いが出やすい体の場所

アポクリン汗が存在する部位は臭いがきつくなる

身体の部位によって汗の臭いは変わるんですね。

首回り、耳うら、ワキ、足裏、陰部、などの部位から分泌される汗には臭いの元になる成分が多く含まれており、臭いが出やすい場所になります。

通常、全身から出る汗には臭いの元になる成分は含まれておらず、99%が水分、1%が塩分になります。しかし、上記で述べた部位にはたんぱく質や脂質、アンモニアなどの臭い元になる成分を含んだ汗が分泌されるんですね。

この臭いの元になる成分を含んだ汗を分泌するのがアポクリン汗腺。首回り、耳うら、ワキ、足裏、陰部、などの部位にはこのアポクリン汗腺が多く存在し、かいた汗をなにもしないで放置しているとすぐに臭いがきつくなり、体臭へと変化してしまいます。

首回り・耳うらの臭い

自分では首回り、耳うらの臭いを嗅ぐ事はできませんが、人が大勢いる場所や満員電車の中で他人の首回り・耳うらからツンとした臭いを感じた経験はありませんか。

首回りや耳のうらってキレイにしてると思っていても意外と汚いんですよね。

お風呂でしっかり洗っているという人でもタオルでゴシゴシこすると垢が溜まっている事もあります。

首回りや耳のうらにはアポクリン汗腺が多く存在し、ただでさえくさい汗をかく場所になります。その上、汗をかきやすい場所でもあるので日頃からのケアが大切になります。こまめに汗を拭きとったり、お風呂に入った時は念入りに洗い流す事が大切ですね。

ワキの臭い

体臭の代名詞といってもいいワキの臭い。多くの方がワキの臭いには敏感になっているのではないでしょうか。「もし自分がワキガだったらどうしよう」と思われている方も少なくはないと思います。

ワキの部分にもアポクリン汗腺が多く存在するんですね。アポクリン汗腺の数や大きさは人によって様々で、アポクリン汗腺の数が多い、大きさが大きい、という人ほどきつい臭いを発してしまうといいます。ワキガの人の特徴を見てもこのアポクリン汗腺の数が多かったり、大きさが大きい傾向にありますね。

また、ワキは汗をかきやすい場所でもあるので、たとえワキガではない人でもケアを怠ってしまうときつい臭いを発してしまっている可能性がありますよ。

特に夏場は服装も薄着になり、周りの人は臭いを感じやすくなりますのでケアを怠ってはいけませんよ。制汗スプレーでケアを行うなどの臭い対策はするようにしましょう。

足裏の臭い

靴下を脱いだら酸っぱい臭いがツンとした経験をお持ちの方も多いと思います。

足は日頃、靴下や靴に覆われているのであまり臭いを感じる事は少ないですが、靴下や靴に覆われている分、非常に蒸れやすくなっていて、多くの汗をかいているんですよ。1日に足がかいている汗はコップ1杯分とも言われています。

このように知らない内に足は多くの汗をかいているんですね。雑菌の量も多く、きつい臭いを発しやすい場所になります。

陰部の臭い

陰部の部分にも多くのアポクリン汗腺が存在し、きつい臭いを発してしまいます。また、下着などで蒸れやすい場所でもあり、臭いの元になる雑菌が多く繁殖してしまい、よりきつい臭いへと変化してしまいます。

また、陰部の臭いは体質な問題で臭いを発してしまうケースもあるんですね。すそわきがと呼ばれる症状があるのですが、すそわきがは別名「外陰部臭症」とも呼ばれており、この外陰部臭症が臭いの原因になっている事もあります。

外陰部臭症はわきがと同じような症状になり、アポクリン汗腺の分泌が多い事で起こります。そして、陰部は排泄器官があるためワキガ臭とは違う独特な臭いを発する事になります。