ノネナール 消す方法

加齢臭の原因はノネナールという物質が分泌されるから

現在、加齢臭で悩んでいる中高年の方も多いと思います。

加齢臭は汗くさい臭いとは違い、独特の臭いを発し、周囲の人を不快な思いにさせてしまう体臭です。

この加齢臭の原因とも言われているのがノネナールという物質です。このノネナールが分泌されると加齢臭という独自の臭いを発する体臭になるんですね。

加齢臭対策を行う際、身体の清潔を保つ、臭いケアをする事も大切になりますが、まずはノネナールの発生を防ぐ事が大事です。

ノネナールが発生する原因を把握する

加齢臭対策を行う際、ノネナールがなぜ発生するのかをしっかり把握しましょう。加齢臭の根本的な原因がわかれば対策をしっかり行う事ができ、加齢臭を抑える事ができますよ。

そもそもノネナールとはどんな物質なのかというと、不飽和アルデヒドの一種で脂臭い・青臭い物質です。

毛穴に存在する皮脂腺から分泌された脂肪酸が酸化してできた臭いの成分がノネナールになり、他にも体内の細胞が酸化する事でもノネナールは発生すると言います。こういった事がノネナールが発生する原因になるんですね。

身体の酸化を防ぐ

このノネナールの発生を防ぐには身体の酸化を防ぐ事が重要です。

人間の身体は加齢と共に活性酸素が増加し、体内の細胞を次から次へと酸化させていきます。先ほども述べましたがこの時に発生する成分がノネナールになるんですね。

身体の酸化を防ぐ事ができればノネナールの発生も防ぐ事ができ、加齢臭を抑える事ができます。

食生活・生活習慣を改善する

身体の酸化を防ぐためには食生活や生活習慣の改善が必要になりますね。

加齢と共に生活習慣が乱れているという方も多く、

・食生活が乱れている
・ストレスが多く溜まっている
・睡眠不足
・運動不足
・喫煙、飲酒
・紫外線を浴びる

などの事はすべて活性酸素を増加させてしまう要因になるので当てはまる項目がある方は改善する事をおすすめします。

特に食生活次第では活性酸素の増加を防ぐ事も可能ですので、抗酸化作用がある食べ物を積極的に摂取するといいでしょう。

抗酸化作用がある代表的な食べ物として、カボチャやほうれん草、ブロッコリー、小松菜、たまねぎ、レタス、といった緑黄色野菜や大豆類、海藻類の食べ物が挙げられますね。

どれも気軽に摂取する事ができる食べ物ばかりなので日頃の食生活に取り入れる事は十分に可能ですよ。抗酸化作用がある食べ物を積極的に摂取して身体の酸化を防いでノネナールの発生を抑えましょう。

そして、適度な運動も身体を酸化から守ってくれるので加齢臭対策を行う際には大切ですね。特にウォーキングやランニングといった有酸素運動はアンチエイジングには役立ちますよ。

また、日頃から汗をかく事で汗腺が鍛えられ、良い汗をかく事ができるようになります。汗にも良い汗と悪い汗があり、悪い汗には体臭の元になる成分が含まれますので日頃から運動をして汗をかき、汗腺の働きを活発にして良い汗をかける体質にしときましょう。この汗腺を鍛える事も体臭対策のひとつになり、加齢臭を抑える事に繋がります。