冬の方が夏よりも汗をかいているって本当?

冬は寒いのにどうしてたくさんの汗をかくの?

暑い夏と違って、さむーい冬は汗対策や体臭対策ってあまりしていない人が多いのではないでしょうか。

汗をかく季節は夏!とイメージする人はたくさんいますが、冬にも汗で悩んでいるという人が多いのも本当のことなんです。

実際に夏に汗をかいてもすぐに蒸発しても、冬場に汗をかくとニオイが出てきたり乾くのに時間がかかったり・・・。

朝の満員電車や暖房が効き過ぎている建物の中、コートの中は汗だく、なんてことありますよね。

実は、夏よりも冬の汗の方がニオイが発生しやすいのです。

冬は寒いのにどうしてなんでしょうか。

汗をかくといえば夏と連想できますよね。

外でだまって立っているだけで、じわじわと汗が出てきます。

洋服も生地が薄く、色も汗ジミが目立つものが多いので制汗スプレーや汗ふきシート、汗ワキパッドなどデオドラントグッズを活用して汗や体臭を意識していると思います。

季節が秋に移ることで気温が低くなり、汗をかくことが少なくなると、夏と同じ汗対策をする方は少なくなるのではないでしょうか。

ですが、やっかいなことに冬でも汗はかいちゃうんですよね~。

冬にかく汗はどうしてニオイが出やすいのでしょう。

夏より基礎代謝が高まる

ダイエットには、夏よりも冬が良いと言われているのは、気温が低い季節は体温を高くしようと体の代謝が活発になるからです。

基礎代謝が高まると、少しの運動や外と暖房の寒暖差で汗をかきやすくなるためです。

一生懸命外を歩いている時は気づかないですが、その間にも汗をかいていることになりますね。

セーターやコートなどは汗を蒸発しにくい

洋服の生地が薄い夏場は、汗をかいても蒸発しやすいように作られています。

逆に冬は、熱をためて保温できる性質になっているので、汗が蒸発されないままになってしまいます。

そのため、ニオイの原因にもなる雑菌が洋服の中で繁殖し、ニオイを発生させるという仕組みなのです。

特に、ワキや背中は洋服と密着する部分でもあるので、ニオイが出やすくなります。

水分をあまり摂らなくなる

夏は暑さでのどが渇きやすいため、自然と水分補給をしています。

熱中症対策のために、水分はこまめに摂ることを意識しているという人も多いでしょう。

特別な場合を除き、夏の汗の性質は水分が多いので蒸発しやすくなっています。

ですが、冬はあまり水分をとらなくなっていると思います。

体の中の水分量が減少すると、汗の濃度が高くなり、ベタベタのニオイがする汗をかいてしまうのです。

汗腺機能が低下する

夏は、じっとしているだけでも汗をかくので、特に運動などをしていなくても、汗腺が勝手に鍛えられています。

冬は、じっとしていると汗をかくことはありませんよね。

そのことで、汗腺機能が低下してしまい臭いのある汗をかいてしまうのです。

冬の汗対策には制汗グッズがおすすめ!

冬の汗を抑えるには、制汗グッズの活用をオススメします。

制汗グッズには、スプレータイプ・クリームタイプ・直塗タイプなどたくさんの種類があります。

その中でも、オススメなのがクリームタイプです。

クリームが肌にしっかり密着することで、汗や臭いを抑えてくれます。

どんなにキレイな女性でも、汗のニオイがただよってきたらとても残念な感じがしてしまいますよね。

自分の臭いは、なかなか気づかないものです。

魅力がある女性は、どんな季節でもキレイにしていようと努力しているものです。

汗ケアも夏だけではなく、1年を通して行うことでステキな女性に近づくことができますよ。