ミドル脂臭とは

アブラくさい臭く、臭いもきついミドル脂臭

30歳を過ぎた辺りから体臭がきつくなったと感じている方、もしかするとミドル脂臭を発している可能性がありますよ。

男性特有の臭いになるミドル脂臭。汗くさい臭いとは異なり、アブラくさい臭いだと言います。このミドル脂臭の臭いを嫌う人は多く、周囲の人を不快な思いにさせる可能性は高いですね。

年齢と共に体臭には変化があり、一般的に有名なのが加齢臭ですね。しかし、加齢臭は40歳を過ぎたあたりから発せられる臭いです。

加齢臭を発する原因はノネナールというきつい臭いを持った物質が体内で生成され、それが汗になって身体の外に出せられるからです。しかし、ノネナールが体内で生成されるのは40歳を過ぎた辺りからなのでミドル臭と加齢臭は異なる臭いになるんですね。

ミドル脂臭の特徴

ミドル脂臭の特徴をまとめてみると、

・30代後半から40歳にかけてが臭いのピーク
・加齢臭よりも臭いがきつい
・アブラくさいきつい臭い
・女性が不快に感じる臭い
・自分では気付きにくい

ミドル脂臭には上記の特徴があります。どれも嫌なものばかりですよね。

そして、大手化粧品会社が実施した女性を対象にしたアンケートでは加齢臭の臭いは許せると回答した女性が9割、ミドル脂臭の臭いを許せると回答した女性はわずか2割でした。女性の中にはミドル脂臭に臭いを腐ったような臭い、生ごみの臭いと答えた方もいるようです。

このアンケート結果を見てもわかるようにミドル脂臭は人を不快にさせる臭いになるんですね。

30代というと働き盛りで仕事上、様々な人と会う事になります。この時に臭いで相手に不快な思いをさせてしまうとうまく人間関係を構築できなかったり、コミュニケーションをとる事ができない恐れもあるので注意が必要です。営業のお仕事や接客業のお仕事をしている方は特にですね。

ミドル脂臭の原因

ミドル脂臭の原因物質が「ジアセチル」という物質となります。加齢臭の原因物質でもあるノネナールとはまた違った原因物質です。

このジアセチルという物質は、汗に含まれる乳酸が頭皮のブドウ球菌によって代謝・分解されて発生します。臭いはアブラの臭いに良く似ていて、少量でも臭いを感じる事ができる物質なんですね。

更にジアセチルはノネナールに比べて、空気中に広がりやすい特徴があり、広範囲に臭いを広げてしまう恐れもあります。

実はこのジアセチルという物質は市販で販売されているバターやチーズにも含まれているんです。バターやチーズも独特の臭いがしますよね。ミドル脂臭もバターやチーズの臭いに近いものがあるということです。

しかし、臭いがきついと言われているミドル脂臭の臭いでも自分ではなかなか気づく事ってできないんですね。臭覚は自分の臭いに慣れてしまっており、身体からミドル脂臭を発していても自分ではわからないんです。

自分では大丈夫だと思っていても、周囲の人に不快な思いをさせている可能性もありますので日頃から臭いケア、体臭対策を行うなどしてミドル脂臭の発生をできる限り抑えるようにしましょう。