体臭対策で重要な事は入浴

体臭対策をする上で入浴する事は欠かす事のできない習慣

身体の体臭を抑えるには身体の清潔を保つ事が必須です。制汗スプレーやデオドラントクリームを利用しても身体自体が不潔だったらなんの意味もありません。

体臭対策をする上で毎日、入浴する事は基本的な事になり、欠かす事のできない習慣になりますね。

身体についた汗などの汚れは時間が経てば経つほど臭いを発する事になるのでその日1日の身体の汚れを取らなければ臭いの元になります。毎日、入浴して身体の汚れをしっかり洗い流す事で身体を清潔に保つ事ができ、体臭予防をする事ができます。

シャワーよりも入浴が良い

毎日のお風呂をシャワーだけで済ませているという方も多いと思います。

シャワーでも身体を洗って汚れを落とす事はできますが、やはり入浴のほうが身体の汚れをしっかりとる事ができますよ。

お湯に浸かる事で皮膚の細かな汚れもしっかり落とす事ができ、臭いの元を退治する事ができます。シャワーだけですとどうしても洗い残しの部分もでてきてしまい、それが臭いの原因になってしまう可能性もあります。

また、お湯に浸かる事で汗をかく事もでき、汗腺の機能を高める事もできるんですね。

汗腺の機能が低くなってしまうとアンモニアなどの臭いの元が含まれたベトベトの汗が身体から出てしまい、体臭がきつくなってしまう可能性があります。こうした汗をかいてしまうと少量の汗でも臭いの原因になってしまうので注意が必要です。

日頃から汗をかくようにする事で汗腺を鍛える事ができ、汗腺の機能も高める事ができます。汗腺の機能を高める事でかく汗も無臭でサラサラの汗になりますよ。

入浴にはこのようなメリットがあります。

体臭対策を行う際には入浴して身体の汚れをしっかり落とす、汗腺の機能を高めるという事は大事なことですので、できるだけ入浴する事を心がけ臭い対策を行なっていきましょう。

汚れをキレイに落としたいから、とゴシゴシ洗うのはダメ

体臭を抑えたいから、汚れをしっかり落としたいからと言って、ボディーソープを大量に付けて垢擦り等でゴシゴシ擦るのは皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。

その上、市販のボディーソープには界面活性剤や香料、添加物など皮膚には良くない成分が多く含まれているので尚更、皮膚には大きなダメージを与えてしまうんです。

確かに汚れはしっかり落とす事はできますが、皮膚の角質を必要以上に剥ぎ落としてしまい、多くの皮脂が分泌されるようになります。

この皮脂が体臭の原因になってしまうですね。

汗は皮脂や細菌と混ざり合う事で体臭へと変化します。皮脂の量が多ければ多いほど臭いもきつくなりやすいんですね。ですので、身体を必要以上にゴシゴシして洗うのは間違った体臭対策です。

上記でもご紹介したように湯船にしっかり浸かれば皮膚についた汚れをある程度落とす事ができるので必要以上にゴシゴシ身体を擦らなくても汚れはとれます。

そして、ボディーソープも無添加のものを使うとより良いでしょう。お肌への負担も減りますし、皮脂の分泌も抑える事ができますよ。