食生活も体臭対策に重要!

身体の内側から体臭対策を行う事も大事

体臭対策を行う際、身体の外側だけの事ばかりに気をとられていてはいけません。身体の内側から対策を行う事も大事ですよ。

体臭の原因が身体の内側にある場合はいくら外側から臭いのケアをしても無駄になり、改善には繋がりません。

特に食生活に気を遣う事は大事になりますね。食生活が体臭の原因になっているのはご存知でしょうか。体臭だけではありません。口臭や加齢臭の原因にもなりますので臭い対策を行う際には食生活に気を遣う事も大事なんですね。

臭いの元になっている成分

体臭の臭いの元になっている成分で代表的な成分はアンモニアになりますが、他にもたんぱく質や脂質、糖質も臭いの元になる成分なんですね。

日頃からたんぱく質や脂質、糖質を必要以上に摂取してしまうと、体臭がきつくなる可能性があります。

人間の身体は食べ物から摂取した栄養素を体内に吸収するのですが、吸収しきれなかった栄養素は汗になって体外にだされます。

この時、汗にたんぱく質や脂質、糖質などの臭いの元になる成分が多く含まれていると体臭になってしまいます。

たんぱく質や脂質、糖質は人間が生きていくためには必要になる栄養素になりますが、必要以上摂取してしまうと体臭の原因になってしまうので肉中心の食生活や脂っこい食べ物、甘い食べ物を日頃から摂取している方は注意が必要です。

胃や腸、肝臓の機能低下も体臭の原因

また、食生活が乱れてしまうと胃や腸、肝臓など、内臓の機能も低下してしまいます。

胃や腸、肝臓の機能が低下する事で体内の老廃物をうまく処理する事ができなくなり、老廃物が血液に混ざって汗として出てしまいます。これも体臭の原因になってしまいます。

このように食生活と体臭は密接な関係にあり、食生活が原因で体臭を発してしまう事もあります。

現在、体臭対策を行なっている方は身体の清潔を保つ事はもちろん、食生活にも気を遣い、身体の内側からも体臭対策を行なっていきましょう。

食事は野菜中心でバランスよく

はやり、バランスの良い食生活を心がける事が一番ですね。肉や脂っこい食べ物ばかりをとらないで野菜や魚もしっかり食べるようにしましょう。

特に緑黄色野菜には消臭成分が含まれており、体臭対策をする上で心強い味方になってくれますよ。ニンジンやトマト、カボチャ、ブロッコリー、ほうれん草、パセリ、などの野菜を日頃から摂取するだけで臭い対策を行う事ができますよ。

他にも胃や腸、肝臓の機能の機能を活発化させてくれる栄養素を含む食べ物も臭い対策に繋がります。

ヨーグルトや海藻類、大豆類、は内臓に良い食べ物になり、それぞれの機能を高めてくれますよ。老廃物もうまく処理する事ができるように臭いの元が含まれない汗になります。

バランスの良い食生活を心がける事で臭い対策だけではなく、健康にも良いのでまさに一石二鳥ですよね。

食生活の改善にプラスして外側からも臭いケアを行えば、内側・外側の両方から体臭をブロックする事ができます。

体臭の悩みのある方は、内側からのケア、外側からの体臭対策を意識してみてはいかがでしょうか。