ワキ汗がすごくてどうしても臭いが気になる

制汗剤で汗と臭いの悩みを同時に解消!

いろいろ試してみてもやっぱりニオイが気になってしまう、そのような時は制汗剤を利用して外からアプローチしちゃいましょう。

制汗剤を選ぶときのポイントをご紹介しますね。

ドラッグストアなどさまざまな場所で手軽に購入できる制汗剤は、たくさんの種類があるのでどれが1番汗に効果を発揮してくれるか迷ってしまいませんか?

どんな制汗剤でも汗を完全に抑えることは難しいことです。

ですので、汗そのものがニオイを発生するワキガなどは、汗を押さえてニオイを避けることは期待できません。

汗が多くてニオイが気になる場合に使いたい制汗剤の特徴は

・汗をかいてしまってもニオイが出ない制汗剤
・肌を保湿してくれる制汗剤

になります。

汗をかいてしまってもニオイを出させないように殺菌作用があることが重要です。

汗のニオイの原因は、肌表面に付着している皮脂や汚れが混ざり合い雑菌が繁殖することだからです。

殺菌力があると言っても、肌へ強い刺激がある制汗剤はNGです。

肌を刺激することは、汗のニオイの原因となる皮脂の分泌を促してしまうからです。

肌がダメージを受けると、乾燥を引き起こしてしまいます。

肌を乾燥すると自分の肌を守ろうとして皮脂や汗を分泌させてしまいます。

皮脂や汗はニオイの原因となるので、できるだけ発生させたくないですよね。

そのことから、ワキ汗を抑えるには肌の保湿が大切になるのです。

ワキ汗におすすめの制汗剤は?

保湿成分がたっぷりと含まれている制汗剤でオススメなのは、「ラポマイン」です。

ラポマインは、汗のニオイの原因である汗や皮脂の発生に着目。

肌が乾燥すると、汗や皮脂が分泌しやすくなりますよね。

そのため、汗の臭い対策をするには肌の保湿をするとニオイの原因である汗や皮脂を抑えることができるのではと言われています。

肌を保湿しながら殺菌し、さらに汗や皮脂の分泌を抑制することができるラポマイン。

さらにニオイを抑える成分の柿渋エキスが配合されていることもポイントです。

ラポマインの使い方は、朝1回両方のワキに塗るだけでOK。

さらに、使い続けることでワキの肌が徐々にキレイになっていく成分が配合されているのでノースリーブに自信が持てます。

いろいろな制汗剤を利用てみたけど効果がイマイチ・・・というときは、保湿に注目しているラポマインを試してみてはいかがでしょうか。