汗がすごくて衣類がすぐに黄ばんじゃう

衣類の黄ばみは毎日の対策が大切!

とっても嫌なワキ汗!

オシャレを楽しんでる女性にとっては洋服のワキ部分の黄ばみも気になっちゃいますよね。

ワキ部分の黄ばみは、毎日洗濯をしていてもできてしまうもの。

せっかくのお気に入りの洋服の黄ばみがすごくて泣く泣く捨ててしまったり・・・。

そんな経験がある人は少なくはないと思います。

季節を問わずにどうしてもできてしまう、洋服の黄ばみ。

特にワキ部分についた黄ばみは、つけ置きをしたり揉み洗いをしたとしても、乾いたらうっすら黄色くなっていることもあります。

黄ばみをそのままにしておくと、くっきりとした濃さの黄ばみが出てきたり、洗っても落とすのが大変になるので、毎日の対策が大切になります。

汗ワキが原因で汗ジミになっているからといって、ワキの黄ばみ=ワキガと直結することはありません。

洋服に黄ばみができるのは、「いろいろな汚れが蓄積」されたことによるものです。

ワキガに関係なく、長時間汗を服に付着したままにしておくと、誰もに黄ばみができるものなのです。

ワキ汗が黄ばむ原因

ワキガの汗による黄ばみは、アポクリン汗腺が活発に働いていることが原因です。

アポクリン汗腺からの汗の色は、乳白色や黄色っぽい色をいています。

そのアポクリン汗腺から出た汗が洋服に付いてしまうと、黄ばみとして現れるのです。

アポクリン汗腺は、ワキの下・乳輪・へそ周り・デリケートゾーン・湿った耳垢のみに存在します。

汗をかいたままにしておくと、肌にいる常在菌が皮脂などと混ざり合うことで強い臭いを引き起こしてしまうのです。

【ワキガによる黄ばみの特徴】
・新しい服でも黄ばみが出る
・濃い黄ばみで広い範囲に出ている
・黄ばみが落ちても、ニオイが残っている
・暑さを感じていなくてもワキだけ汗をかいている
・色や柄が入っていても、黄ばみがわかる
・ワキ以外でも同じように黄ばみが出ている
・汗のニオイとは違う独得なニオイがある

などがあります。

お気に入りの洋服に黄ばみができると、落ち込んでしまいますよね。

また、ブラウスやワイシャツなど毎日着ている洋服に黄ばみがあると、周りの目からの印象がよくはありません。

黄ばみは、皮脂や垢などいろいろな原因が溜まることで洋服に現れるのです。

なので、洋服の黄ばみ対策や予防を正しく行うことが必要ですね。

防水スプレーを服の内側にかけて、汗ジミができないようにガードしたり、汗とりインナーを着て肌と洋服が直接触れ合わないようにするという工夫も大切です。

1日着た洋服はそのままにしておかないで、重曹や洗剤を使って漬け置き洗いをしておくのも一つの方法です。