汗と臭いが原因で自分に自信が持てない

汗と臭いの対策方法

このニオイ、もしかして私かも・・・。

夏頃だと電車のつり革につかまったとき、暖房が効きすぎている場所が多い冬。

汗をかいたときに、このように思ったことってありませんか?

汗のニオイが自分から出ているのではないかと、不安になったり自信が持てないことがある人は多いと思います。

実は、汗そのものは臭いがありません。

ですが何らかのことが原因で、誰でも多少は汗のニオイが発生します。

汗をかいたときにそのままにしておくと、汗から不快なニオイがしてしまいます。

それは、汗や皮脂が空気に触れることで酸化し、細菌が繁殖することによって起きるのです。

また食生活や生活習慣が乱れている人は、汗そのものが臭うというケースもあります。

そのような汗やニオイの不安をなくすためには、どのような対策をすると良いのでしょうか。

汗を拭きとる

汗からニオイが発生する1つの原因として、汗をかいたらそのままにしておくということです。

汗をかいたらなるべく早く、汗ふきシートやハンカチなどで拭きとりましょう。

汗を拭きとることで、細菌との繁殖を防ぐことができ、ニオイの原因と取り除くことができます。

暑い日には、メンソールなど爽快感があるシートを使うとスッキリして気持ちがいいですよ。

汗ふきシートがない場合は、ハンカチよりも吸収性が高いタオルを利用するのがオススメです。

普段から適度に汗をかくようにする

汗やニオイを抑えるのに、汗をかくってどういうこと?と思われるかもしれません。

ですが、毎日汗をかかないと汗腺が眠ったままになってしまいます。

汗腺が使われないままでいると、急に汗をかいたときに臭いを発生する汗をかいてしまうのです。

運動といっても突然激しいスポーツをする必要はありません。

一駅分歩いて汗をかくだけでもOKです。

日頃から汗をかくことで、臭いが発生しないサラサラな汗をかくことができます。

特別なことを始めるのは難しい・・・という場合は、半身浴がオススメですよ。

体の洗い方に注意する

臭いの原因をなくすためには、常に体を清潔にする必要があります。

ニオイの原因の皮脂は洗い流さないと、どんどん溜まってしまいます。

ですが、汗やニオイが気になるあまり、体を洗うときにゴシゴシ強い力でこすってしまうと余計に汗から臭いが出てしまうようです。

その原因は、肌に良い善玉菌も一緒に洗い流してしまうためなんです。

善玉菌がなくなってしまうと、悪玉菌が増えてしまいニオイが増してしまうのです。

体を洗うときは、泡立てネットなどで石鹸やボディーソープなどを泡立て肌を転がすように優しく洗うようにしましょう。

生活習慣を見直そう

・揚げ物やお肉中心の食生活
・タバコを吸う
・毎日たくさんのお酒を飲む
・睡眠不足が続いている
・ストレスが溜まっている

このような生活習慣で、ニオイが強くなることがあると言われています。

汗のニオイが気になるのなら、以上ことに注意して生活習慣を見直してみましょう。

デオドラントグッズを利用する

汗を抑えたり、ニオイを軽減するために、デオドラントグッズを活用するのもオススメです。

デオドラントグッズは、汗やニオイを抑えてくれます。