ワキガの原因

日本人の10人に1人がワキガ体質

現在、ワキガで悩んでいるという方は多くいます。日本人の10人に1人がワキガ体質になるそうですね。

ワキガの臭いは汗の臭いとは異なり、独自の臭いを発してしまいます。

日本人はただでさえ臭いには敏感で、このワキガの独自の臭いを嫌う人は多くいるんですね。臭いもきついためワキガというだけで避けられてしまうという事もあります。

このワキガの原因っていったいなんなのでしょうか?

誰もがワキガなわけではありませんし、汗を大量にかいても臭わないという方もいますよね。

ワキガの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗

ワキガの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗にあります。

汗の汗腺には2種類あり、ひとつはエクリン汗腺。もうひとつがアポクリン汗腺です。エクリン汗腺から分泌される汗は無臭になるのですが、アポクリン汗腺から分泌させる汗にはアンモニアや脂質などの臭いの元が含まれています。

このアポクリン汗腺は誰にでもあるもので、ワキの部位にはアポクリン汗腺が通っており、ワキからでる汗には初めから臭いの元が含まれているんです。そして、ワキは菌も溜まりやすい場所になるため、かいた汗と菌が混ざり合う事で菌が繁殖し、よりきつい臭いに変わってしまうんですね。

ただ、先ほども述べましたが汗を大量にかいても臭いわない人もいます。違いはなんなのでしょう。

その違いとは、ワキガの人は通常の人よりもワキに存在するアポクリン汗腺の数が多い傾向にあるんですね。アポクリン汗腺の数が多ければそれだけ臭いの元が含まれる汗を多くかく事になりますので当然、臭いはきつくなります。

これがワキガの原因になります。アポクリン汗腺の数は人によって異なり、生まれつきアポクリン汗腺の数が多い人ほどワキガ体質になってしまう傾向にあります。

ワキガの臭いはどう抑えればいいの?

ワキガ対策をする際、ワキを清潔に保つ事がまず大事になります。

毎日お風呂に入って汚れをしっかり取る、かいた汗は細目に拭き取る、制汗スプレーなどの消臭グッズでケアをする、などの対策が必要です。

しかし、ワキガの臭いは対策をしてもなかなか抑えられないのが現実ですね。

ですので、外側だけの対策・ケアではなく身体の内側からもワキガ対策を行う事も必要になります。

食生活や生活習慣を改善したりする事も臭い対策になります。特に食生活には気を遣って頂きたいと思います。

体臭がきつくなる成分が含まれている肉類や高カロリーの食べ物は避け、消臭成分が豊富に含まれている緑黄色野菜や胃腸内環境を整えてくれる食物繊維、乳酸菌の成分が含まれる食べ物を積極的にとるようにしましょう。

他にも最近では消臭成分が豊富に含まれている体臭サプリもありますので、食生活を改善できないという方はサプリを利用してもいいでしょう。

こういった内側からも体臭対策を行う事でかく汗の臭いを抑える事ができます。身体の外側、内側の両方から臭い対策を行う事でワキガ臭をできるだけ抑える事ができますよ。

また、どうしてもワキガを改善したいというのであればワキガ治療を行う事をおすすめします。現在、ワキガ治療を行なっているクリニックも増えており、手術をしてアポクリン汗腺を取り除く事も可能ですので、ワキガで悩んでいる方はクリニックに通ってワキガ治療を行う事も検討してみても良いかもしれません。

病院で治療する事に抵抗感もあるとは思いますが、選択肢の一つとして本気でお悩みの方には良い結果をもたらすこともあります。

その際には、できる限り利用者が多そうなクリニックを選ぶと良いでしょう。