自分では分かりにくい?女性の体臭で多いのは?

外側だけの対策ではなく内側からも臭い対策を行う事が大切

臭いの悩みを抱えている女性も多いと思います。

女性の場合、女性ホルモンやダイエット、などの事も体臭の原因になる事が多く、外側だけの対策ではなく内側からも臭い対策を行わなければなりません。

女性である以上、体臭はなにがなんでも避けたいですよね。体臭が原因で相手に不快な思いをさせないためにも日頃から臭い対策を行い、体臭をしっかりガードしましょう。

しかし、体臭というのは自分ではなかなか気づきずらいものです。これは自分の臭いになれてしまっているせいで知らないうちにきつい体臭を発している場合もあり得ます。

まずはどんな事が体臭の原因になっているのかという事を把握してから臭い対策を行なっていきましょう。

生理中のデリケートゾーンの臭い

生理中のデリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性は多いですね。デリケートな問題なのでまわりの人には相談できずに自分一人で悩んでいる方が多いです。

生理中のデリケートゾーンの臭いの原因は排出される経血なのですが、身体から排出されたばかりの経血は無臭なんですね。しかし、経血は時間と共に酸化し、徐々に臭いを発してきます。

さらに皮膚についている雑菌と混ざり合う事で雑菌が繁殖し、臭いはよりきつくなってしまうんです。

その上、生理中はナプキンや下着で蒸れやすく汗も多くかく事になり、雑菌はより繁殖しやすくなり、これが生理中のデリケートゾーンの臭いの原因になります。

対策としては、やはり清潔を保つという事が大事ですね。シャワー時にキレイに洗い流す。ナプキンも細目に交換する。という事が大切になります。また、下着も綿やシルクなどの通気性が良い下着をきるようにしましょう。こうした対策をするだけでも臭いの発生を極力抑える事ができますよ。

更年期の体臭

女性にとって避けては避けられないものが更年期障害です。更年期障害には様々な症状があり、その中には自律神経が乱れる事で起こるのぼせやほてり、発汗があります。

自律神経が乱れている状態でかく汗には臭いのもとになる成分が多く含まれており、これが体臭の原因になる事もあります。

のぼせやほてり、発汗で大量の汗をかく事は少ないですが、少しの汗でも臭いの元が含まれているので体臭になる可能性は十分に考えられます。

更年期障害の臭い対策としては、更年期障害の症状を抑える事が必要になるのですが、リラックスをして自律神経の乱れを整える事でも体臭を抑える事ができます。自分なりのリラックス方法を見つけて自律神経を整える事でのぼせやほてり、発汗の症状を抑える事ができ、臭いがきつい汗もかきにくくなりますよ。

ダイエット中の体臭

女性なら常に美容に気を遣うのは当たり前です。スリムな体型を維持するために頻繁にダイエットを行なっている女性も多いですね。

しかし、ダイエットも体臭の原因になっているのはご存知でしょうか。

「えっ!?ダイエットと体臭が関係あるの?」と思われた女性も多いかもしれませんがダイエット中は体臭や口臭がきつくなってしまうんですね。

特に食事制限をしたダイエットには注意が必要です。

食時制限をする事で身体は栄養不足に陥ります。それと同時に筋肉の量も落ち、代謝も低下します。それでも身体はエネルギーを作ろうとして、今度は中性脂肪を燃焼させるんですね。

もちろん体重は減少しますが、この時に体内ではケトン体という臭いのきつい成分が作られます。このケトン体が血液に混ざって汗として身体の外にでると体臭になるんですね。

このダイエット中の体臭を対策する方法は、食事制限をしたダイエットをしないという事ですね。

食事制限をするダイエット方法は間違ったダイエット方法になり、身体にも大きく負担をかけてしまいます。健康にも良くありませんし、リバウンドもしやすいです。

理想的なダイエットは運動をして身体の代謝を上げる事です。代謝が上がれば痩せやすい身体を手に入れる事ができ、食事制限をしなくてもダイエットをする事ができますよ。ダイエット中の体臭も抑える事ができますので、ダイエットを行う際には食事制限ではなく、運動を取り入れたダイエット方法を選択する事をおすすめします。