意外と多い?女性の加齢臭

実は女性にも加齢臭はある

加齢臭と聞くと、40~50代の男性の臭いと思われている女性も多いと思いますが、実は女性にも加齢臭はあるんですよ。

女性にとって体臭はとても厄介な存在になると思います。それも加齢臭になると余計ですよね。40~50代の男性と同じ臭いがすると思うだけでゾッとするのではないでしょうか。

私は女性だから加齢臭はしない、と安心していると気付かないうちに自分の臭いが周りに迷惑をかけてしまっている可能性がありますよ。

臭いに関する事はまわりから指摘されない事が多いので自分で体臭対策をして、日頃から臭いケアをする事が大切です。

ここでは女性の加齢臭についてご紹介しています。

もしかすると30代後半から加齢臭を発してしまっているかも

先ほども述べましたが、加齢臭は男性の問題だけではありません。女性も35歳を過ぎた辺りから加齢臭を発しやすくなるんですね。

皮脂量が多い男性と比べると加齢臭の臭いはまだ軽いですが、女性も年齢に比例して加齢臭を発しているので注意しましょう。

特に更年期障害を迎える時期は女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンの働きが活発になるため男性と同様に皮脂量が増え、加齢臭を発しやすくなります。

この更年期障害を迎える時期は50歳前後になりますが、最近では30代後半から更年期障害によく似た症状を訴える女性も多くなってきており、もしかすると30代後半から加齢臭を発してしまっているかもしれませんよ。

また40歳前後になると体内の細胞も酸化しやすくなり、体内で臭いの元が作られます。これも加齢臭の原因になります。

このような事が原因で女性も加齢臭を発するんですね。加齢臭は決して男性だけの問題ではありませんので女性の方も油断をしてはいけませんよ。

女性の加齢臭対策

女性の加齢臭対策として、まず挙げられる事は身体の清潔を保つ事は必須になります。毎日、お風呂に入り、身体の汚れが溜まりやすい頭部や首筋、耳裏、ワキ、胸元、背中、などの部位の汚れはしっかり洗い流しましょう。

そして、日常的にも汗をかいたらすぐに拭き取ったり、制汗スプレーやレオドラントスプレーを頻繁に使用する事も臭い対策に繋がりますよ。

他にも身体の内側から臭い対策を行う事も大事です。

上記でも述べましたが40歳前後になると体内の細胞が酸化しやすくなり、臭いの元を作ってしまいますので日頃から酸化を抑えてくれる食べ物を積極的に摂取して体内で臭いの元が発生しないように対策を行いましょう。

抗酸化作用がある食べ物は、バナナや人参、カボチャ、ごぼう、玉ねぎ、キャベツ、大豆、アボガド、といった食べ物になるので日頃の食生活に積極的に取り入れてみる事をおすすめします。

また、腸内環境を整える事も加齢臭対策に繋がります。便秘で悩んでいる女性も多いと思いますが、身体の中に老廃物が多く溜まっていると汗や呼気として体外に出されてしまい体臭もよりきつくなってしまいます。

乳酸菌が含まれている乳製品やお通じを良くしてくれる食物繊維は腸内環境を整えてくれる食べ物になるのでこういった食べ物も日頃から積極的に摂取して加齢臭対策を行いましょう。