女性の加齢臭は何歳くらいから出る事が多い?

女性ホルモンが減少しはじめる40歳前後に加齢臭を発するようになる

体臭対策を行う際、どうしても気になる加齢臭。特に40~60代という中高年の方は加齢臭を発しやすいですね。

加齢臭とは中高年の方から発せられる独特の臭いがする体臭になり、人に不快な思いをさせる臭いになります。

『加齢臭=男性』とイメージされている方も多いと思いますが、実は女性にも加齢臭はあるんですね。

一般的に加齢臭を発するようになる年齢は男女共に40代前後になると言われているのですが、女性の中には35歳前後から加齢臭を発してしまうという方もいます。

30代で発する体臭はミドル臭ともいいます。ミドル臭の主な原因は生活習慣になり、乱れた生活習慣を送っている方は臭いのきつい体臭を発している傾向にありますね。

このミドル臭と加齢臭が合わさってしまうとよりきつい臭いになってしまうので注意が必要です。

男性も女性も加齢臭を発してしまう理由は同じなのですが、女性の場合は女性ホルモンが減少しはじめる40歳前後に加齢臭を発するようになるんですね。

女性ホルモンが減少する事で男性ホルモンが活発になってしまい、皮脂の量が以前よりも多くなります。そして、汗と皮脂が混ざり合って臭いを発するようになります。これが女性でも加齢臭を発してしまう理由です。

ただ男性ホルモンが活発になっても男性よりも皮脂量は多くはないので、男性の加齢臭と比べると臭いは軽いものになります。

しかし、なにも対策やケアをしないで加齢臭を放置していると臭いがよりきつくなってしまう可能性があるので注意が必要ですね。女性でもミドル臭と加齢臭を発してしまう可能性は十分にあるので自分でも臭いに関しては敏感になっていないといけません。

加齢臭を含む体臭に関しては自分では気付きづらい部分もありますし、周りの人も指摘しづらい事もあるので、自分で日頃から加齢臭対策を行う事が重要です。

女性にとって加齢臭や体臭はなんとしてでも避けたい事ですよね。

日本人はただでさえ臭いには敏感で、加齢臭や体臭が原因で人間関係が悪くなってしまう可能性も十分に考えられますので日頃から加齢臭対策を行っていきましょう。

加齢臭が出る場所

加齢臭対策を行う際、きつい臭いを発する場所をしっかり把握しときましょうね。

そして、これから紹介する部位を清潔に保つ事ができれば臭いもできるだけ抑える事ができますよ。また、最近ではデオドラントクリームなどの臭い対策グッズも多くあるのでこうしたアイテムを活用する事でも加齢臭を抑える事ができますよ。

頭皮

頭皮も汗をかきやすい場所になります。頭皮から分泌される汗は無臭の汗になるのですが頭皮には皮脂や汚れが多く付いているという事もあり、臭いがきつい汗に変わりやすいんですね。

首のうしろ・耳うら

首のうしろ側にはアポクリン汗腺という臭いの成分が含まれている汗を分泌する汗腺が通っています。この汗と皮脂や汚れが混ざってしまうと臭いもよりきつくなってしまいます。着ている服の襟袖がすぐに汚れてしまうという方は臭いのきつい汗をかいている可能性があるので注意が必要ですよ。

ワキ

ワキにも臭いの成分が含まれている汗を分泌するアポクリン汗腺が多く通っています。またワキは熱がこもりやすく、汗も多くかきます。細目なケアをしなければすぐに体臭に変わってしまう可能性があります。夏などは服も薄着になり、ワキの臭いに敏感になる方も多いので日頃のケアが大切になります。

背中

背中も身体の中では多くの汗をかく場所になります。加齢臭の原因は身体の内側にも原因があり、汗自体にも臭いの成分が多く含まれています。かく汗が多ければ体臭も発しやすくなりますので汗をかいたらすぐに拭き取るなどして汗が体臭になるのを防ぎましょう。